読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幻想廃墟の裏庭空間

「そこに真っ白な空白があると、何かを書きたくならない?」

手のひらを太陽に透かして、空を掴もうと、手を握る。

本当は意味のない動作だけれど。それは子供の頃に抱いた小さな思い出に結びつき、様々な理由。たとえば、社会性、関係性、効率、政治、予測から導き出される前の発端に結びつく。

眼をつむり、最初の理由を胸に留め。
他の理由に絡みとられた身体と記憶を、ほどいていく。
自分が一本の線を捉えている感覚。
まっすぐに前を見据えて、手を握る。
陽の光を受けた暖かさが心地よく、子供の頃に抱いた夢を想起させた。
未熟故に打算も公算もなかった。
他人を知らない故に自分の底から沸き出た思い。
言葉を操るようになり、自分を疑い社会を優先させる方法を知った今ではとても見いだせない、あの思い出。
それらを反芻しながら。
木に立てかけてある剣を取り。
空に掲げ。
一歩、強く、地を踏み込む
微かな記憶の残滓とともに。
剣の重さと全重心を剣に載せる。
爽やかな。
自分の内にある全てを、この一筋に込める感覚。
軽く握った掌の動きが、それとなくその軌道を補正し。
足はそれを支え。
視線と知識はただみつめている。

剣先の軌跡を示す銀光が、音もなく弧を描く。
切り開いた空間の中には無数の気配と闇があふれている。
空間の向こう側に捕らわれたひとつの世界。
そこに向かい、背をまっすぐに伸ばし
胸を張って
自分の培ってきた全てを、今に賭ける。
怒りや悲しみや衝動ではなく、涼やかな気持ちで。
子供の頃の願いを胸に、遠い昔に凍結させた夢に、血を通す。
さて、いくか。と一言だけつぶやいて。
その姿は真っ直ぐに。
無数の障害が立ち向かう、地平線の彼方まで進んでゆく。
夢と題されたなまくらは、研ぎすまされて次元を断じ。
今もなお。

彼を、静かに導いている。