読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幻想廃墟の裏庭空間

「そこに真っ白な空白があると、何かを書きたくならない?」

創作想起:睡眠

眠りと言うのは中々困ったもので、ふと気が付くと、意識が途切れてしまう。

電源が落ちたように頭をさげて、ふっつりと暗闇の中。

何処までも落ちてゆき。

エレベーターが急に止まったような感覚と共に、目が覚める。

綿に包まれているような感覚。

体中の熱が止まらない。

前後の記憶が薄い。

目の前を見ると、見知った場所。

でも本当にそうだろうか。

未だ眠い。

何故眠いのだろう。

さっきも眠ったはずだよね。

そのはずだけどまだ眠い。

かんがえがまとまらない。

時計の針を見ようとするけれど、どこにもない。

手を伸ばそうとして、また意識が切れてゆく。

まだねむい。

もっと休んでいたい。

次起きた時、大切なものが終わっているかもしれないけれど。

たいせつなもの。

なんだっけ。

ああ。

ねむたい。

 

 

f:id:Lual:20170327223349j:plain