幻想廃墟の裏庭空間

「そこに真っ白な空白があると、何かを書きたくならない?」

眠れない、でも起きていたくもない。
澱んだ気分のまま、
何もかもが通り過ぎてゆく。

溜息をついて、瞼を閉じる。
ああ、暗闇の中に何かが沈んでいるような気がする。
でもそれが何かは、解らない。
諦観か、疲労か、もっと深いところに沈んだ怒りや、喜びを求める気持ちなのかもしれない。
巧く言えないまま、それはずっと漂っている。
振り払いたい、と言う気持ちも起きない。
深く重くなってしまった自分の記憶。自分と周囲の乖離。埋めがたい力量の差や人間関係。
感情と義務感が別の方向を向いていて、スパゲティー・コードみたいに絡まっている。
錯綜しすぎて、このまま世界なんて滅んでしまえ、と思うような破滅願望が心を過ぎる。
しかし現実には何も起きない。
魔法は失われ、感情は解体され。知識、技術、記憶としても、個人の意味は薄れていく。
論理的な言葉が、好きなものをルーチンにすぎないと解説する。
すごいと想うものを過去の手法に沿ったものだと指摘し。
大して、と思うものを賞賛してる。
客観の事がよく解らない。
客観と主観はいつも乖離するものだけど。最近、彼らはミキサーのように高速で回転を続けている。
遠心力で離れて行き、同じものを見ている筈なのに遠い気持ちになる。
そして社会で生きている以上、関係性を崩さないようにバランスを保ちながら、暮らすしかなく。
そのために仮面を被り、記憶も主張も感情も全てミキサーに放り込み。
どろどろの液体になるまで砕かれた、原型を留めない気持ちを抱えながら、口にする

そうですね。
そう思います。
私もあれが嫌いですよ。


私の姿は何処にあるのだろう。
風に揺れるカーテンから、朝の斜光が滑らかな私の手を映す。
手を握ると、それも小さく動く。
自分の鼓動を聴く。
心臓の音がする。
息を吸う。
窓の外には、青空が広がり、風はいつも通り吹き始めている。
沢山の人たちがそれぞれの服と顔をして歩き、画一的なものの印象は薄まっていく。
でも、ネットワークも人の姿も、心の内も社会のひとつ。
人の姿が多様すぎ、渦巻いて把握できない世界に1人、たたずんでいる。
ため息をひとつ。
何となく。
携帯電話を取り出し、先輩に電話をかける。

チャイムが一つ。
お邪魔します、と後輩さん。
曲線が目に写るような綺麗な礼をして髪が揺らぐ。
お邪魔されます。とフランクな礼を返し、部屋の奥に案内する。
ゲームとおやつが山積していた部屋は磨かれて、光沢を返している。
我ながら一日でよくやった、と思う。

ゴミを指定された袋に詰め。
(なんでゴミの分別はこんなに監視された気分になるのだろう)

床に掃除機をかけて。
(掃除機の先端部分は何故細いままなのだろうね。絡まったりする度に作業が止まるのが困り者。Ctrl+a→Delしたい。でもそれでは私も消失してしまうのだろうか?消失した私にUndoは効くのだろうか?よしんば効いたとして、その私は連続した私なのだろうか)

バケツに水を入れて。
(何故バケツは青色なのだろう。赤色に塗ってみようか。でも中身が全部揮発性のある液体にったら困るな。そうなるとガバメントで撃って敵兵士ごと掃除するか。でもそれだと点数は増えるけどなにも減らない。そもそも対戦型FPSの兵士って何処から沸いてくるのだろう、畑から採れてるのかな?でもイギリスの畑からはどんな兵士が採れるのだろう?パンジャンドラムが畑に生えていたら嫌だな)


水に漬けた雑巾を絞って
(絞ると言う行為ほど破壊的な行動はないと思う。
これが生物だったら大変なことになるだろう。中身から骨が突き出して、臓器からはいろんな色の濁った液体が皮と毛を通して染み出てくるのだろう。まあ、雑巾も似たようなものか)

床を拭いて。
(それにしても、綺麗にしたいと言う欲求が私の中に生きていたのか。
いや、何度か死んでるのだからゾンビか、灰か狩人といったところか。毎回悪夢の中に帰る点では狩人さんの方が適切かもしれない。私の中の綺麗という感情は、アメンドースサンに握られるぐらい理不尽に死ぬのだろうな)


汚れた雑巾を水に漬けると、黒い色が拡散していく
(豚にバックスタブしてリボンを取り出した私の狩人さんもこんな気持ちだったのか、と彼女の事が少し解る気がした。そうだよね、エミーリアさんには何度もかまれたくなる。脳液だって甘くておいしいし、不思議なオブジェがあると交信したくなる。ああ、そうだ、宇宙は空にあるんだ)


バケツの中の水を全て捨てて
(水は全てを浄化すると言うけれど、水にとってはたまらない話だ。私だったらとっくに助走をつけて殴りつけている。殺意を抱いても仕方ない。ああ、水に意志がある世界にすんでいる人は大変だな。でもこれはちょっと言い訳出来ないから、人間はその世界において、素直に絶滅しておこう)


全部片付けて。(つかれたー)


100円の桃サワーのふたを開けて飲む。(おいしー!)


といった風に数十回もの脱線事故を起こした結果がこの部屋なのだ。


先輩の部屋がこんなにきれいだと想いませんでした。
うんうん、流石後輩さん解ってる。でも裏側にとげがついてる気がするぞ。
私だってきれいなものや、可愛いものが好きですし。
かわいい?
かわいい。
先輩が思う可愛いものの具体例を上げなさい(10文字、10点)
ガッツの狂戦士モード
10文字できっちりノータイムでそろえる割に、あんまりかわいくないのが流石先輩です。
何それ、可愛いじゃない。わんわん。
わんわんは可愛いですが、あれは犬に含めていいのかな。
いいと思うよ。
そうかあ、なんか、先輩は揺るがないですね。
えへへー

今日も機械的な音声が何かを伝えている。
白線の内側に、次の駅は、忘れ物のないよう、ご注意ください。
毎日聞くことになる、実体のない声。
ブラーのかかった音、劣化して震える音、ソナーみたいな通知音。
どこに設置されているかも解らないスピーカーから響き。
当たり前に過ぎ去ってゆく。
家にいる時も、仕事をしているときも響いているのだろうな、と思う。
無数の靴の音と一緒に、何万、何十万と続いている声。

しかし、今日はその声が聞こえなかった。
誰もが日常を通り過ぎる中、それが途絶えている。
警告なく駅に入り、停車する地下鉄。
ビープ音もなく開く扉、機械的に閉じて、始動する。
次の駅は示されない。間もなく、というアナウンスもない。
ただ、何処かへと進み続けている。
この電車は何処に行くのだろう、と思う。
扉の上にある電光掲示板は暗いまま、中づりの広告だけが明るく揺らいでいる。
進み続ける地下鉄は風景も変わらず、埃の香りが漂い、落ちると死ぬのは確実で。
電波も届かない。
どうすることも出来ないまま、走る音と振動が続いている。
お腹がすいて喉が渇いても止まらない。
私は今、どこにいるのだろう?

そこに真っ白な空白があると、何かを書きたくならない?

感想:鉄血のオルフェンズ最終話

レビュー、評価、感想の方向性に関して。
ネタバレですよ。

続きを読む

創作想起:世界汚染

「遺跡」と呼ばれるものには、いくつかの種類がある。
ひとつは、廃墟。かつてここに国があった事を示す、ささやかな墓標。
ひとつは、旧世界。この世界が現れる前に地中に埋まったと言われる旧世界(Res)への入り口。
ひとつは、世界樹。誰も知らない種族が作った、世界同士のミームを繋げる樹形図(ElAnEs)の幹へと至る空間。
ここから遥か西の森に国を持つ妖精や、精霊。北東にある夜の国(NiGNo)を住処とするゴブリンやオーク、ヴァンパイアやレイスなどの怪物達。様々な種族や物理法則、魔法の存在が世界同士である程度一致しているのは、この「樹形図」が繋がりを保っているからと言われている。
例えば樹形図の先端部分には妖精や精霊、神様も竜もいない、人間だけが特異な文明をもち、鉄の鳥が空を飛び、無限に広がる宇宙と言うものを内側に含んでいる世界もある。
逆に樹形図の根元は限定されていて、神様や神話や古い森の民、悪魔や魔王によって管理されている所が大半だ。
全体像を考えると、こうなるのではないか、と考えて描いた絵がある。神話生物に抱かれた幹から宇宙と言う葉を際限なく伸ばしていく世界樹の姿。
私の夢はね、この世界樹と言う幹を枯らす事なんだ、と親は言った。
何千年も生きているとね。世界樹が束縛でしかない事が解ってくる。絶対的な権力が必ず腐敗するように、あの世界樹はすでに汚染されて変質しているのさ、と。
確かに、世界の様子は明らかに様変わりしている。
オークがエルフより賢い文明を持ち始め、扉を叩き死をもたらすデュラハンが人恋しさに酒場に行く。
悪霊であるレイスが人と手をつないで愛し合ったり、巨大な権限を持つ神が人と同じ目線で物を見て、昔のように権限を行使するのをやめてしまった。
天国は地獄のように描写され、或いは地獄は天国のように描かれ、私たちを構成する特徴と言うものが、何処か、狂い始めている。
進化したのか、腐敗したのかは解らない。ただ、実際問題としてあらゆる種族が、種族的特徴を失いつつある。
死者を断罪し、法を敷いていた管理者は死神と遊びほうけて罪を犯した物達が生者と一緒に酒を飲んで歌を歌う、と言う風に、新しい秩序が構築されつつあり、その一方で、自分たちは、私たちは、本当にこういうものだったのか、と気が狂う者たちもいる。
長く生きてきた長命の種族たちが特にそうで、世界樹から流れてくる情報を途絶しようと画策する。
私自身の生き方を決める権利があるはずだ、と物語の文脈を切り離し、国ごと枯れて消えてゆく妖精たち。
どれが正しいかはわからない。ただ、自分にとって大切なものだけは守るだけだ、と硬く口を閉ざすドワーフたち。
確かに自分で決めた事ではなく、周囲から自然発生したものに流されて従属されるのは人間でも、誰でも嫌な事だけど。
周囲環境に対応していくのが生物としての在り方だとも思う。
なんでこうなったか、よくわからない。ただ、樹形図から流れてくる情報の制御弁のようなものが壊れ始めているのでは、と私は思っていて、今回はその調査のためにこの遺跡に立っている。
この流れが嫌いなわけでもないし、あからさまな対立や権力闘争のようなものも少なくなってきた。悪くはないと思う。
ただ私達にも命があるのだから、私の生き方は自分で決めたい、とも思う。

そらをみあげると、硝子でできたように透明な管が、それこそ枝のように張り巡らされている。その中を様々な色を持つ記号が通り、過ぎ去ってゆく。
これが、生成されて流れてゆくミームだと言われている。
やはり、流れ出す物の数が多すぎるね。
様々な色彩と記号が、まるで玩具のようにこの世界に流れ込んできているのが見える。
隣で深刻そうに頷く妖精さん
彼女は妖精(Lafa)の中でも若いけれど、昔の風と共に生き自然の中で穏やかな暮らしを楽しむ事が好きだという。
まあ、なんにせよ行くしかないだろう。と飄々と語るのは人狼(BesCrtMx:Walf)の青年。彼は今の世界の在り方も受け入れているけれど、それが正しいか確かめたい、とのことだ。
・・・で、私がなんでここにいるの?
そう首を傾げてみる。
何でってお前さん。夜の国の秘蔵っ子で冒険者ギルドから派遣されてきたって話だろう。
まあ、そうなんだけどね。
昔からこの子はこういうぼんやりした子だったから。とため息をつく妖精さん
妖精さんにため息をつかれるとは私も困ったものである。
私はあなたたちのような代表じゃないし、相違を体現するものでもない普通の人間ですから。
普通の人間がこんなところにいれるかっての、はいはい、先に進もうぜ。
いやいや、私が言いたいのはそういう事じゃないんだけど。とちょっと頬を膨らませてから溜息をつく。
まあ、仕方ない。とりあえず道を作らなきゃね。
私は世界樹の中、石にチョークで一言刻み込み、目が痛くなるように白い空白領域に視点を定め、投げ込んでみる。
何処に行くこともなく落下する筈の石は、しかし私たちの先で落下を止め、飛び跳ねて、転がっていく。
何をしたんだ?
真っ白な原稿用紙に「石が落ちている」と記述したの。
それで?
石が落ちてるという事はそこに地面があるという事でしょう。
そういって、空白空間に足を踏み入れる。おい、その先は、と言いかけた人狼さんが歩みを進める私を呆然と見つめていた。
あそこに道なんてなかったよな?
そう首を傾げる人狼に、妖精さんが余り疑問を持つと落っこちるよ、と忍び笑いをしていた。

それで、目的地は何処にあるのかね。
つまらない空間だなあ、と欠伸をしながら言う狼さんに、私は指で色彩に溢れた管を指さして、答える
目的地と言うか、あの管を追って異常を確かめる感じ。
なんかいまいち盛り上がらないな。
盛り上がって欲しいの?
勿論さ。
ふうん。
私もイベントが多い方が嬉しいなあ。
流石人狼に妖精。好奇心が旺盛です。
というか、なんか人選がおかしくない?こういう所こそ森の民やスプリガンの出番だと思うんだけど。と妖精さんに聴いて見る。
此処は神聖な領域だから近づきたがらないのよ。なんかあったら世界の存亡に関わるわけだしね。
そんな重要な場所に設置された爆弾の解除をほんとにわたしがやるのかな、と漠然と思う。
まあ何とかなるって、と満面の笑顔で肩を叩いてくる人狼さん。
…なんだか、雰囲気がさっきと違っているけれど気のせいだろうか。元凶に近づいているため、汚染が広がっているのかもしれない、と気を引き締める。
そうして歩いていると、透明な管に一つの黒い色が停滞しているのが見つかった。
おい、あれじゃないのか?
指をさす人狼の鋭い爪の先にあるものを見る。
あれ、何か読み取れる?妖精さん
妖精は感情の流れを読み取るのに長けている。そうして人を惑わしたり、人間の子供と取り換えたり、感情を曲げたり触れたりして好き勝手に遊ぶ、可愛い見た目ながら少し怖い種族でもある。
特に研究者で一番危ないタイプは妖精だ、と良く言われているぐらい研究に自分の楽しさを求める方向にあり、確実にマッドな方向に走っていく。種族能力があれだから研究材料(モルモット)を捕まえるのも得意だそうで。
それで、この妖精さんは、と言うと。
ふむふむ、あれは享楽が濁り切って固まったものだね。人を楽しませる、と言う物語の主題が、楽しむという定義の変化によって変質を重ね、享楽に至り、触れる物すべてを楽しむために変質させたい、と言う願いに留まったと。ああ、興味深いわ、是非手に取って、つついたり、保存したり解剖したりしてみたいなあ。
マッドな中でも特に有能でマッドな方。
ちょっと待って、私は風を愛する種族であってそういう説明は納得いかないわ!
だってそうじゃない。
だからミーム汚染と言うのは最低なのよ。一部だけ切り取ってそれを際立たせて・・・!
妖精さんご立腹。
・・・まあ、あれを取り除けばいいのか?
取り除くわけでも否定するわけでもない。世界樹ミームの流れは簡単に動かせるわけではないの。変に取り除いたりするとその影響が世界を滅ぼすこともあるんだから。
じゃあ、どうするんだよ。
私はその答えに、そういう話になるから、私じゃ役不足だと思うんです、と思いながら、答える。
ぱっと思いつくのは三つね。
できるだけ穏当な方法で切り取る。
別の流れに乗せて、何処かに行ってもらう。
この場であの享楽を消費し、変質させてしまう。
どれにしても、世界への影響は避けられないかな。
それって会議で決めるべき事じゃないのか?
だから、汚染されてるんだって!知らないうちに誰も正常か異常かの判断がつかなくなっていく。こんな事が正しいはずがないじゃない!
妖精さんはもうちょっと落ち着いてもいいと思う。
貴女がまったりしすぎなのよ、もう。なんでそんなに落ち着いていられるのよ。自分が自分でなくなっていくのよ?怖くないの?
まあ、余り悪意が無いし。
私は手の届かない他者を玩具にするのは立派な悪意だと思うけど。
まあ、そうとも言えるけどね。
俺はそこら辺は流れに任せていいと思うけどな、より自由でより楽しく生きて居られれば文句はねえな。
刹那的。
刹那的ね。
どうとでも言え。で、どうするんだ?
あの澱みの近くにいると段々と汚染が進んでいくから、私としては今すぐにでも処理をしたい。
目が怖いですよ、妖精さん。しかし、さて。
私も正直を言えば自分が変質されていくのは怖い。とても怖い。ここには、自分が違う何かになっていく感触が確かにある。
誰かに好かれたい、と言う気持ちが強くなっていく。私はもうちょっと距離を置いて、森の中に住む静かな生活が好きだったはずなのに。
私はそこで提案をする。
複合的に、切り取った後、享楽を変質させてしまうのはどうでしょうか。汚染を他に流すことなく、こちらの世界への影響も過小ですむ、その理由としては。
理由なんていいの、私はあのそばにいたくない。
嫌うなあ、妖精さん
だって小さいからっていつもひどい目に合うのは私達なのよ、愛せもしないものを愛されて狂っていく友達の姿を見せられたらとても肯定なんてできないよ。
実際に彼女のように力が無く、物語の影響を受けやすい種族の惨状は耳にする。
それで国を閉ざして滅びを選んだ様々な種族がいるほどにひどい話もあり、このまま汚染に任せればもう、種族自体が危ういだろう、と友人の妖精さんに相談されたこともある。
では、ちょっと危険ですが変質させて流す方向で処理をいたします。
そう断ってから、私は管に留まる黒い感情を眺めてから、「空白」を意味する石を管に向けて投げる。
すると、黒い感情はそれに反応し、空白を自分の色で染め始める。その一瞬。
妖精さんが右手を高く掲げて世界樹の感情の管を狭め、圧縮された管から空白へ、全ての黒い感情が移行される
それを斧を構えた狼さんが膝を立てた跳躍の姿勢から飛び上がり、その情報、魔法を断ち切るといわれる斧で汚染された空白を切り取った。
お見事です。
いや、お互いの専門性を活かした感じだったな。全員の実力があってこそだ。
殊勝じゃない。
狼は相手を見抜くのは得意なの。・・・さておき、こいつをどうするんだ?
黒く渦巻くそれに対して、更に強い違和感が自分の心を叩いている。変質していく感じがする。
わたしはそれに向かい。
手首の動脈を切り、血を流す。
赤い色が真っ白な空間にしみ出して、それは透明な足元に流れてゆく。
おい、何をしてるんだ?
私はそれに答えず、黒く渦巻く享楽を見据え、ただ近づく。
抜け出していく血から、自分の命が消えていく感触。
寒さと痛み、怖さと焦燥を抱えながら享楽に近づく。
享楽に対抗するには、この方法しかないの、と言う。
シリアスでコミカルに対抗するのか、と狼さんが言い、ちょっとコミカルに戻った感じがする。
それを紙の束で思いっきり狼さんの頭を叩く妖精さん。いや、まって、そのリアクションはコミカルに寄っていくんだけど。
流れていく血に薄れていく意識を抱えながら、欲求の渦を手に取り、見据える。
そして、語る。
ごめんなさいね。あなたは、私たちの欲求ではないの。
静かに、否定する。
あなたは私達を必要としているけれど。
あなたがいると、私たちは、生きていけない。
一方的に消費されるようにはできていないの。
貴方たちが、私たちをどう思ったって良い。
ただ、あなたたちが考える物も含めて、可能性と言うものは広がり続けてるの。
私達を限定しないで。
あなた達には、色々な創造の翼があるのだから。
薄れていく意識を抱えながら、語る。
私たちの世界は、あなた達から一度離れようと思う。
それで、お互いに高めあえるような、同等の存在になった時。また会いましょう。

その言葉と共に、意識が途切れる。
何も聞こえず、何も見えない。
世界樹との接続が切れたからだろう、と私は思う。
冷たい暗闇に漂っている感覚。
そこに、ふと暖かなものが感じられた。
小さく、遠い声。
上手く聞き取れないけれど、それを捕まえようと意識を集中する。
命綱を掴むように。
大切な人の言葉を聞き取るように。
ウェアウルフの若い長の遠吠えが空の彼方まで響く声。
妖精の中でも近代思考を取り入れたという天才が私の体を揺すってる。
大きく息を吸う。
私はここにいる。
彼ら二人の顔を眺めてから、私は血の引けた顔を、微笑みに変えて言う。
「ただいま」

朽ちかけた廃墟に私は住んでいる。
ここは何もない。
好きな人も、趣味や誰かに伝えるための言葉も、得る物もない。
朽ち果てて捨てられた願いしかない。
音楽も絵も、興味を引くものも、好きだけれど、どこにもたどり着かない。
何処かにたどり着きたいのか。
青い空の向こう側へ、行きたかった気もする。
感動した、と誰かが言ってくれれば、と願った気もする。
自分の感情に空回りしながら
それに価値があると思いたくて。
迷って願って、それでもどこにもたどり着かない。
それでも風車はくるくる回る。
意味が無くても、そこに風さえ吹けば回っていく。